【アクションディ】当事者によるリカバリーグッズ販売

=========================
☆☆6/4(土)世界摂食障害ACTION DAY ☆☆
「リカバリーグッズ販売」
=========================
摂食障害を自分のアイデンティティにしなくて良い・しないでほしい という思いでリカバリー・グッズの販売。
過去に患った人も今現在苦しんでいる人も、摂食障害というラベルがつく前に、一人のユニークな人間。
摂食障害という現在・過去があっても、その経験を活かして今好きな事・やりたいことを見つけて、表現して良いんだ、むしろ、表現することがヘルシーなんだというメッセージが伝わればと思います。

——————————————-
☆コンテンツ紹介☆
——————————————–
\ポストカード/
摂食障害でも入れ歯でも強く生きる」をモットーに、
病気の経験から気づいたことや伝えたいメッセージなどを、筆文字とパステルにて描いています。
by ロペ♡アユミ
筆文字アーティスト
長年の摂食障害で、20代でほとんど歯を失い入れ歯に。
今回の摂食障害アクションデーのポスターを担当
[Twitter] https://twitter.com/rope624

\WARRIORストラップ/
Warriorは「戦士」と言う意味。このストラップでは、”Oの部分”を世界中で使われている摂食障害克服のシンボルにアレンジしました。デリカビーズでの手作りです。このストラップを見て「自分は摂食障害より強い」と思い出すきっかけになればと。お守り替わりにどうぞ。by MONA
MSc:Eating Disorders and Clinical Nutrition

「摂食障害の謎を解き明かす素敵な物語」(著:アニータ・ジョンストン)翻訳者
アメリカで摂食障害の治療を経験。現在は克服し、アメリカで摂食障害専門管理栄養士になる勉強をする傍ら、克服を目指す人のメンターをしている。
[BLOG] http://ameblo.jp/naia415/

\飴玉アクセサリー/
かわいいちょこんとした、イヤリング。実は「飴玉」で作ってます。
そう、食べられる飴。食べられなくても、こんな「食べ物」を「愛おしく思う」気持ちをつけてほしい。いつかは向き合わなくてはならない食の問題をこのイヤリングをお守りにすることから始めてみませんか?by みせす
国際薬膳師・キッズキッズンインストラクター
子ども向け食育ボランティア団体「キッチンの科学プロジェクト(KKP)」代表・講師

拒食・過食・過食嘔吐を経験、日本の医療機関で治療中。現在は製薬会社で働く傍ら、マインドフルな食育を目指して活動中。
[BLOG] http://colloid1989.blog.fc2.com

詳しくは→クリック(ポスター)

 

================
【日時】6/4(日)14:00〜14:45(世界摂食障害アクションデー内)

【会場】政策研究大学院大学 ブース(〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1)
(乃木坂駅・六本木駅 徒歩約6分)
【問合せ】金子浩子(kaneko.hiroko93@gmail.com)・井口萌娜(mona.mentorconnect@gmail.com)まで。

▽▽▽詳細はこちら▽▽▽
http://ameblo.jp/naia415/entry-12278579376.html

【アクションディ】星和書店@書籍販売

世界摂食障害アクションディ当日、ブースにて星和書店様が摂食障害関連の本を販売されます。

当日は著者である、当協会理事の西園マーハ文先生や翻訳を担当された井口萌娜さんもいらっしゃいます。数に限りはございますが当日の販売もしていただけるとのことですので、ご参加の方、是非お立ち寄りください。

詳しくは→クリック(ポスター)

【アクションディ】家族会WRAPプログラム体験

「家族会」では、家族会ポコ・ア・ポコ主催の鈴木高男、ピアサポートグループ在主催の加藤伸輔、東京学芸大学保健管理センターの大森美湖の3人が中心となり、WRAP(Wellness Recovery Action Plan元気回復行動プラン)というプログラム体験を行います。WRAPは、精神症状のために生活に困難をきたしていたアメリカのメアリー・エレン・コープランド氏が、辛い症状をどうにかコントロールして自分でできる管理法を探し出した過程で生まれた、いわゆるセルフモニタリングプランです(自分の「トリセツ」作りともいえます)。

我々はこれまで様々な方を対象にWRAPを行い、元気に役立つための工夫を、参加者同士で交換し合うことで生まれる、人と人とのつながりや、一人一人が持つエネルギーの大きさに驚いてきました。摂食障害に悩む方、ご家族、治療者、WRAPに興味のある方、どなたでも参加可能です。このプログラムを体験をしてみませんか?

詳しくは→クリック(ポスター)

摂食障害の症状を緩和するためのヨガ1day集中講座

<摂食障害の症状を緩和するためのヨガ1day集中講座>

欧米では摂食障害の症状の緩和にヨガやアーユルヴェーダが活用されていることをご存知ですか?ヨガジェネレーションではオーストラリアからヨガの専門家を招き、そのメソッドを体験いただける1日集中講座を開催します。

当日は心身の緊張を柔らげ、消化を助ける簡単なポーズの他、体質分析や食べ物の持つ性質について学ぶセッションも。座学が中心となりますのでヨガの経験は不問です。テーマにご関心のある方であればどなたでも(男性も可)ご参加いただけます。

今年は東京と大阪で3回開催をされます。詳しくは以下URLをご確認ください。

 

詳 細:http://shop.yoga-gene.com/program/864/

【お問い合わせ】

ヨガジェネレーション 03-3760-9129 / info@yoga-gene.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※日本摂食障害協会主催するものではありません。プログラム内容、お問い合わせは直接ヨガジェネレーションにお願いします。
※講座は無理なく体験頂けるようですが、人により個人差がございます。気になる方は必ず主治医やご家族などにご相談ください。

高崎健康福祉大学 上原徹先生による懇談会開催

高崎健康福祉大学の上原徹先生による懇談会を開催することになりました。
貴重な機会ですので、多くの方のご参加お待ちしております!

<テーマ>
自助勉強会は「摂食障害の基本的理解」、家族会では「摂食障害の基本的理解」「当事者に対する対応のコツ」を上原先生にお話いただく予定です。

<特徴>
摂食障害専門医の先生と近い距離で懇談できます。会場は落ち着いた雰囲気のカフェスペース。ホッとすると当事者に好評です。

<講演情報>

5月20日(土) 【ご家族向け】上原徹氏による摂食障害講演会
http://jusmine3.wixsite.com/g-ed-sc/blank-5

5月27日(土) 【当事者向け】上原徹氏による摂食障害講演会
http://jusmine3.wixsite.com/g-ed-sc/blank-7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※日本摂食障害協会主催するものではありません。プログラム内容、お問い合わせは直接主催団体にお願いします。

世界摂食障害アクションディ開催!

世界摂食障害アクションディ-World Eating Disorders Action Day-

摂食障害で苦しむ方やその家族、専門家や研究者、サポーターらが国境を越えて団結し、摂食障害の啓発と支援活動を世界中で同時に行う啓発イベントです。

日程:2017年6月4日(日)10:00~16:00(開場9:30)

会場:政策研究大学院大学 想海楼ホール

テーマ:摂食障害を理解しよう!

費用:無料

昨年に続き、今年度も日本独自の活動として協会による調査発表や基調講演やセルフグループや当事者の活動を紹介、応援するイベントを開催します。

プログラム案
<午前>
・理事長挨拶
・調査発表 ~摂食障害の認識調査~
・基調講演 ~摂食障害の現状~
・経験者の声

<午後>
・パネルトーク ~私が思う支援や回復への主張~
(内容)摂食障害の当事者グループ、経験者、専門職によるパネルトーク。
・団体、活動紹介 ~私のグループ、活動を知ってください!~
・自分のカラダと対話しよう! ~座学、骨盤矯正を取り入れたヨガレッスン~

大学内別会場にてセルフグループのデモや、当事者の方の活動などの紹介ブースなども多数出展します。
お誘い合わせのうえ、是非ご参加ください!皆様のご参加お待ちしております。

※活動・団体紹介、ブース希望の方の募集は近日中に協会ホームページにて掲載させていただきます。今しばらくお待ちください。

アクションディパンフレット(表)
(C)ロペ♡アユミ